気になるシミを消すには美白化粧品~美肌に向けた対策~

最新の美肌治療

女性

効果的な治療

シミには老人性色素斑、そばかす、太田母斑、蒙古班、肝斑、外傷性色素沈着などの種類があります。肝斑以外のシミであれば、ほとんどの種類がレーザーで消すことができます。レーザーの種類にもよりますが、一回5千円程度でもできるのでお手頃です。また、外傷性色素沈着などけがや火傷などが原因でできたシミは、場所によっては保険治療で消せる場合もあります。市販されている美白化粧品などはシミやそばかすを「予防」するもので、すでにできてしまったシミを消す力はないのが特徴です。もちろん、シミができないように普段から美白化粧品でケアをすることは大事ですが、できてしまったシミは美容皮膚科で治療を受けたほうが簡単です。美容皮膚科であれば、シミに効く軟膏も処方してもらえます。

光治療との違い

レーザーやフォトフェイシャル(光治療)などは、お手頃な料金で受けられる人気の美容皮膚科の美肌治療です。レーザーとフォトフェイシャルの違いですが、レーザーは肌の奥深くまで光線が届くのに対し、フォトフェイシャルは肌の浅いところで働きます。レーザーはほとんどの場合一回で治療が終わりますが、フォトフェイシャルは数回の治療が必要です。フォトフェイシャルのいいところといえば、シミだけではなくその他の肌トラブルも解消できる点です。広範囲にわたるシミ、そばかす、毛穴の開き、赤ら顔、ニキビ跡などのほか、肌のキメを整え、皮膚を引き締める働きもあります。レーザーよりも刺激がマイルドなので、ゆるやかに効果が現れてきます。

Copyright© 2016 気になるシミを消すには美白化粧品~美肌に向けた対策~ All Rights Reserved.